ドイツ語を独学で学習するあなたを応援!!

日本人はドイツ語が得意?

実は、中学生1年生レベルの英語力しかなくても

ドイツ語が習得する事が出来るという事が、

数々のテストにより明らかにされました。


なぜ中学生レベルの英語が、

ドイツ語の習得に関わってくるのでしょうか?


実は英語とドイツ語は親戚になるのです。


そして、発音の多くはローマ字読みで覚えられます。

例えば、

■swimmen

■singen

■lernen

というドイツ語の動詞があるとします。

勘の良いあなたならもうお分かりでしょう。

これは、英語で言うと

■swim(泳ぐ)


■sing(歌う)

■learn(学ぶ)

という意味の動詞なのです。

つまりあなたが知識として持っている英単語は、

“ある法則”を加える事により、

そのままドイツ語に変換させる事ができるのです。


また、文法も私達が使っている日本語と照らし合わせる事が出来ます。

例えば、通常であれば下記のように難しい表現をされる文法ルールがあります。

”ドイツ語では定動詞ともっとも関係の深い要素が文の最後に置かれる。”

よく意味が分かりませんよね?

しかし、実はこのルールも、ちょっとした工夫をすれば

日本語と同じ語順で考えることができるのです。

まさに、魔法のような法則が存在するのです。


これにより、あなたは日本語と同じ感覚で

ドイツ語の難所である文法の一つを数秒で理解する事が出来るのです。


難解と言われる名詞と形容詞の活用に関しても、

実に合理的なノウハウが存在します。


困った時は語尾に○○をつける

という発想が、 これまでに活用を難解にしていた問題を

クリアーにするのです。


このように、ドイツ語は活用や文法を難しく捉えられてしまいがちですが、

実は私たちは普通に義務教育を終わらせた時点で、

ドイツ語を学ぶ準備が出来ているのです。


ドイツ語は、読み書きと日常レベルの会話をいち早く

マスターしようとするのであれば、

フランス語、韓国語、中国語、ロシア語などに

比べて、最も日本人が習得しやすい語学なのです。


もしあなたが、高校生レベルの英語力を今でもお持ちならば、

鬼に金棒といってもよいでしょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする